Cotton Merci
Text Size :  A A A
|  コットン メルシー    ひとりごと    作品    インフォメーション    教室    メール    リンク  |
Img_b5da6d30ef5ac77d89b546ab13b9bbc9
紫いも
Img_f40c8152364e2b884caa342424fbe730
気球
Img_a83689a4c61188e8a569d70a26c0a610
舞洲ゆり園
最近、いろいろありましたね。

なんだか、大変ザワついた日々でした。

他人事なのに、ひとごとでないような、

心が何だかぺたんこ。


最近、頂いた紫のじゃがいも、珍しいです。

シャドークィーンと言うらしいです。

レシピを調べて、結局ポテトサラダを作りました。


梅雨らしい雨。

舞洲のゆり園のチケット頂いたので、

今年こそ行ってみました。

気球に乗れるイベントやっていて、

こんなに近くに!


もうしばらく、

梅雨をしっかり味わいましょう。
Img_753bcde8f5e52363b7fbb711c24d7ccb
びわ
Img_741297d139b0a00ca59bd5e0e3691466
コントラストがいい布たち
Img_ec13d19f96259a893067c2e39b0f0d6f
ピースワーク、基本です。
お隣さんから、

大事に大事に手を掛けて、育てられたびわ。

頂きました。楽しみです。美味しいですよ!

ひとつ、お味見。

甘くて少し後あじ酸っぱくて、それはそれは濃いお味。

満足!まんぞく!


ここのところ、ずっと、制作にぼっとう。

もくもく、黙々、モクモク。

教室用の作品づくり。

中々、思うようにいきません。

生徒さんたちの希望も聞きながら、

ああでもこうでもない!

日々、思案でいっぱい。


まあ、こんな日もあります。
Img_ce0518212a0e533af50539126b87080b
キルトマニア誌
Img_7fa2b6c7cf93b6fac6b5c89b16db5e48
Eternal forest
大好きなキルトマニア誌(フランス)に、

ひょんな事から、機会を頂き、

作品を載せて頂きました。

こんな、光栄で幸せなことに感謝。

パッチワークに携わってきて、この上なくラッキーなことです。

タイトルは Eternal forest(万葉の木、森)


私的にも、この作品は気に入っている好きな作品です。

ずっとずっと、万葉の時代から受け継がれてきて、

そしてこれからも、ずっと続いていくであろう、

そうあって欲しい、その神秘な色彩。

透明感と瑞々しさ。

そういうものを表現したかったように思う。

私の中にある感じる色彩の元かもしれない。


そう思うとあの上高地にあこがれるのは、

あの梓川に感じ入る色彩があるのかも。


Img_66251d489e6a000e7369d4386bde050d
今日の夕方
Img_7a39bb57fea9b41ca7fc805e37ac68a5
キルトマニア誌
Img_7eafb21e8da4f5006160c9e4f46afdbe
Eternal Forest
Img_8fe5dfd08320531842853d2b867e84e1
松本城
Img_fdc7690052108e4f871d7566b2d4bc37
大正池
Img_f00575f4d9a771495da510900d81c73d
河童橋
三回目の上高地。

いつもいつも、私の中でのあこがれの地。

もう何十年も前、親友と初めて訪れた時も、

天気に恵まれ、感激したのが忘れられなくて、

二回目は子供たちと家族で。

これがまた天気が悪くて、最悪。

がっかりの何物でもなくて、ブーイング。

雨女の私として、どきどき。

この通り、あの日と同じ青く澄みきった空、

それに負けない濁りの無いエメラルドグレーンの梓川。

やっぱり、やっぱり、上高地最高。

こころから、お天気に感謝。


大正池も河童橋も、あの日と同じ。

やっぱり、あこがれの地、上高地。


友人夫婦と訪れたのがよかったのかしら?

雨女返上したいものです。